FC2ブログ
2018.09.20 製材は続く
今日は朝からあいにくの雨。基本活動など当会のほとんどの活動は雨天中止ですが、木工作業所には屋根があるので、木工部会は雨天でも実施しています。まずはヒノキをチェーンソーで縦挽きにしました。一般的なチェーンソーの刃は、幹を横方向に、木の繊維を切り裂くように設計されています。縦挽きは繊維に沿って切ることになるため、特に材が長い場合などはうまく切るのが難しく、専用の刃があるほどです。ゆっくり慎重に縦半分に割りました。この後板に加工していきます。

ヒノキに続いて、先日の台風で枝が折れたために伐倒したキリの一部も縦挽きしてみました(2枚目の写真)。キリは木目が美しくて軽いうえ、断熱性や保温性にも優れています。大切に利用したいですね。
180920_1.jpg 180920_2.jpg

スポンサーサイト