FC2ブログ
7月の西日本豪雨や台風20、21号は神付・産土の森にも多くの被害をもたらしました。一方で、9月に入って雨で活動中止が続き、処理が一向に進んでいないため、臨時の動力機活動を実施することに。急な召集にもかかわらず多くの会員が参加してくれました。

まずは富士ゼロックス兵庫の森から。入口付近では松が倒れ、サクラの枝があちこちに落ちています。きれいな花を咲かせていた桐も、枝がすべて折れて幹だけの無残な姿になっていました。梅林斜面ではクヌギの大木が横倒しに。大きいうえ足場が悪いため今日だけでは処理しきれませんでした。これ以外にも、赤松広場で幹が裂けていたサクラが倒れたり、林道横でコナラが倒れたりしているため、処理は当分続きそうです。
180913_1.jpg 180913_2.jpg
180913_3.jpg 180913_4.jpg


スポンサーサイト