FC2ブログ
今日は毎年恒例の環境体験学習として、近くの大沢(おおぞう)中学校の1年生から3年生まで全員が神付・産土の森に来てくれました。本来は5月に予定していたのが雨で流れたため本日の実施となりましたが、ご承知の通り、ここ数日は記録的な猛暑が続いています。塩飴や保冷材など万全の態勢を整えて山に向かいましたが、大丈夫かな…。

人数が多いので二手に分かれて、ヒノキ林の間伐とハチクの除間伐を行いました。ヒノキ林では、木にロープをかけて、切る人とロープを引く人に分かれて安全に倒した後、枝を落として樹皮も剥いてもらいました。ハチク林では、1本倒して処理するのにも結構時間がかかり、ひとり1~2本が精一杯。放置竹林の整備の難しさをわかってもらえたでしょうか。

暑さを考慮して予定よりも早めに終了しましたが、最後に感想を聞いたところ、「森の中は涼しかった」「もっとやりたかった」という嬉しい声が。そう、森は「天然のクーラー」なんです。電気代もかからないし、故障もありません。人間が壊しさえしなければ、これからもずっと地球を冷やしてくれるんだということを、いつまでも忘れないでくださいね。
180718_1.jpg 180718_2.jpg
180718_3.jpg 180718_4.jpg
180718_5.jpg 180718_6.jpg





スポンサーサイト