FC2ブログ
このところ季節が逆戻りして、5月というのに寒さを感じる毎日です。神付も例外ではなく、ようやく陽射しが出たものの風があって肌寒い一日でした。そんな中で行われた今日の木工部会。今日も会員たちがそれぞれの作品に取りかかりました。

奥様から「洗面台の下にぴったり収まる収納棚」の依頼を受けた会員は、各種の機械と材料を前に試行錯誤しながら作業を進めます。別の会員は、桜の木で茶托を作ろうと取り組んだものの、丸ノコの摩擦熱で材が焦げてしまい、他の手段を模索します。そんな会員たちに助言を与えてくれるリーダーは、「そうやって色々考えるのが面白い」のだと木工作業の魅力を話します。「これは作業所ではなく『工房』と呼ぶべき」という声も出た今日の活動。どんな作品が出来上がるのか楽しみです。
180510_1.jpg 180510_2.jpg 180510_3.jpg 



スポンサーサイト