fc2ブログ
昨日と今日はハチク林にて臨時活動を行いました。竹林整備に活用するべく、神戸市から竹のチッパーシュレッダー(粉砕機)を借りることになり、チッパーが入れるように道を作るためです。道の斜度を25度以内にする必要があるので、ユンボ(油圧ショベル)の運転技能講習を受講済みの会員が機械を操作して土を削りました。竹の根っこや木の切り株をチェーンソーや手ノコを使って取り除くなど苦労した結果、なんとか望ましい斜度まで形を整えることができました。残りの細かい作業は、基本活動で人海戦術にゆだねようと思います。2日間にわたる重労働お疲れさまでした。
230907_11.jpg 230907_12.jpg
230907_15.jpg 230907_14.jpg



スポンサーサイト



新型コロナウイルス対策のため、ここ3年は年次総会を書面で行ってきましたが、今年は4年ぶりに対面での実施となり、大勢の会員が出席しました。会長の挨拶に続き、議長選出、議案説明、質疑応答と進み、すべての議案が無事に可決されました。総会の後は恒例のBBQです。いつもは交流館横のBBQ広場で行っていましたが、今日は天候が不安定だったため、会場を産土ロッジに変更。ノンアルコールビールで乾杯したあと、たっぷりの肉や野菜とお喋りを楽しみました。最後は笑顔で記念撮影。今年度もみんなで楽しく安全に活動していきましょう。そしてもちろん新規入会も体験参加も大歓迎です!
230514_1.jpg 230514_2.jpg
230514_3.jpg 230514_4.jpg
230514_5.jpg 230514_6.jpg





新型コロナウイルスの感染拡大が日本でも深刻化しています。当会のホームページでもお知らせしておりますが、感染拡大を防止するべく、当会も急遽4月と5月の活動を中止することに決定しました。里山がもっとも美しい季節のひとつを迎えているこの時期に活動できないのはとても残念なことで、1日も早い終息を願うばかりです。今後については状況を見ながら判断し、またお知らせいたします。以下は神付ふるさと村と産土の森の今日の様子です。
200402_1.jpg 200402_2.jpg
200402_3.jpg 200402_4.jpg



今日は、滋賀県大津市の公益財団法人大平会様のご一行が神付・産土の森の会に研修に来られました。当会会長の挨拶に続き、リーダーがスライドを使って当会の活動内容をご紹介したあと、神付・産土の森の方にもご案内して、機材や設備の説明のほか、実際の森の雰囲気を楽しんでいただきました。

大平会様はスギやヒノキの保安林の維持と育林を主に活動されているとのことで、雑木林や竹林の整備が中心の当会と内容は異なりますが、森を大切にしたいという思いは同じ。今日の研修が少しでもお役に立てれば幸いです。私たちも、改めて森を見直すよい機会になったように思います。今日は遠いところをお越しくださりありがとうございました。
181123_1.jpg 181123_2.jpg
181123_3.jpg 181123_4.jpg



環境省では、毎年6月の環境月間にあわせて、環境保全、地域環境保全及び地域環境美化に関して顕著な功績があった個人や団体に対し、その功績を讃えるため、環境大臣による表彰を行っています。平成29年度の受賞者のひとりに『神付・産土の森の会』も選ばれ、6月14日に東京で表彰式が行われました。

170617.jpg

受賞者は合計42名と74団体。当会は、「地域環境保全の推進のため、多年にわたり、顕著な功績のあった者・団体」として、個人24名、33団体とともに『地域環境保全功労者表彰』を受賞しました(受賞者のリストはこちら)。今回の受賞を励みとし、明るく美しい里山、生物多様性の高い里山を目指して、会員一同これからも一層がんばって参ります。