fc2ブログ
青空が広がり穏やかないい天気。今日は近くにある大沢(おおぞう)中学校の1年生が、環境体験学習で産土の森に来てくれました。まずはふるさと村交流館で、当会会長のあいさつと、森の役割、竹の伐り方などについて講義を受けた後、ハチク林に向かいました。

生徒2~3人に会員一人がついて、ノコギリの切り方から指導。森に入るのも、ノコギリを持つのも初めてという生徒さんも多く、最初は恐る恐る、ぎこちない手つきでしたが、だんだん慣れてきて、背の高い竹を自分の力で倒せるようになりました。一人が倒したのは数本でも、大勢でかかると数十本になります。来たときよりも少し空が広く見えるようになったような。皆さんお疲れさまでした。来月は2年生が来てくれる予定です。
221125_1.jpg 221125_2.jpg
221125_3.jpg 221125_4.jpg



スポンサーサイト



木工部会では、神付産ヒノキでイス10脚を作るプロジェクトを続けています。今日はまず、前回作った板をリーダーが並べて状況を説明。これらの板は側面を作るためのもので、ここからどのように加工するかを皆で考えました。節や割れをうまく処理しながら、できるだけ無駄が出ないように工夫が必要です。3枚の板を雇い実接ぎでつないで1枚にすることになりました。幅をきちんと揃えるため、一方の辺をプレナーで直線・直角に仕上げてから、反対側を丸のこ盤でカットします。

木工に使う電動工具は、ひとつ間違えると大事故につながります。十分に注意し、お互いに声をかけながら、丸のこ盤でのカットに挑戦しました。すべての板がカットできたら、次はやはり丸のこ盤を使って実接ぎ用の溝を掘りました。きれいな溝ができて感激です。電動工具は危険ですが、正確で早く仕上がるうえ、今回のように同じものを複数作るときにはとても役立つことがわかりました。
221117_1.jpg 221117_2.jpg
221117_5.jpg 221117_6.jpg





2022.11.10 接木の体験
カキの接木をしてみたいと一会員から希望があったので、全会員に呼びかけてみました。希望される会員が6名あったので、11/8と11/10の2日に分けて、体験会を行いました。用意した資料を一通り説明。次に、実際にカキの枝を使って小刀で穂木や台木を切りこんだり、削ったりしてもらいました。しかし、慣れないことで、皆さん苦戦。3回ほど試されたら、難しいことではないので、みなさんが出来るように。3月から4月がカキの接木の適期。それに向けて、万全の準備ができたと思います。接木の技術は、他の樹種でも応用できるので、楽しんでいただきたいです。
221108_1.jpg
今日の動力機活動は、高さ15メートルほどの大物コナラを2本伐倒しました。まだ枯れてはいませんが、ナラ枯れの兆候が見られるため、危険になる前に伐倒することにしたものです。枝が少なくて背がやたらに高いのは、周囲にコナラが多く、枝を横に伸ばせなかったためと思われます。かかり木にならないように伐倒方向を決め、チルホールをかけて慎重に倒しました。

遊歩道から落ちた幹は、スリングベルトをかけて落ちないようにしてから、チェーンソーで適当な長さに切って引っ張り上げます。先輩会員が受け口の場所をチョークで書いてアドバイスしたり、切り株のツルを見て伐倒状況を確認したりと、技術の向上や安全の確保にも努めました。前回の残りを含め、材を運ぶために軽トラが4往復。立冬も過ぎたというのに、メンバーからは「暑い!」の声が上がっていました。
221109_1.jpg 221109_2.jpg
221109_3.jpg 221109_4.jpg
221109_5.jpg 221109_6.jpg





朝から青空が広がり、日差しが降り注ぐいい天気。今日の動力機活動は、前回伐倒したコナラの処理から始めました。斜面下に倒したコナラを、動かせる長さに切ってから、チルホールで引っ張り上げて玉切りします。続いて3本立ちの最後の一本を伐倒。大きく傾いていて、通常の受け口と追い口を切る方法では縦に避けてしまうので、追いづる切りで慎重に倒しました。こちらも胸高直径40cm台の大物のため、運び出すのも一苦労です。会員手作りのトロッコを使ってなんとか軽トラに積み込みました。

重い材を積んだ軽トラが何度も往復したことで、遊歩道にぬかるみができてしまったため、砂利を入れて補修(写真5枚目)。今回の3本立ちコナラの伐倒で、交流館横には玉切り材の山ができました。これらの材を割り、1~2年乾燥させると、薪ストーブやキャンプ用の薪になります。近年は在庫不足でご要望にお応えできないことが増えているため、これまで以上に有効に活用したいと思っています。
221105_1.jpg 221105_2.jpg
221105_3.jpg 221105_4.jpg
221105_5.jpg 221105_6.jpg